読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2008 Summer Greece vol.4 メッセネ遺跡

古代都市メッセネ遺跡について

f:id:leica830:20160729000549j:plain

 

“パウサニアスの「ギリシア記」によると、

メッセネの町は、テーベの英雄エパミノンダスがレウクトラの戦いで

スパルタを破った後、紀元前369年に建設されたとされる”

 

文献にはこのように書かれている

スパルタと言えば『300』という映画の舞台になっているので

聞いたことがある人もいるかもしれないが

メッセネ遺跡のことに付いて知っている日本人は皆無といってもいい

そんな場所で、2ヶ月間調査を行っていた

 

 

 

約2400年前ここメッセネには都市が築かれていた

日本ではまだ、狩りから稲作へと変わった頃か?

 

その頃、古代ギリシアでは、文明が成熟期を迎えていた

都市を敵から守る為に約9kmに渡り城壁が築かれ

内部には、神殿、神域、劇場、スタジアム、音楽堂、墓、住宅など

人々が生活する為の環境が整えられた

 

f:id:leica830:20160728233922j:plain

 

約9kmあったとされる城壁

 

f:id:leica830:20160728234033j:plain

 

城壁の途中にあるアルカディア門(城門)

現在もここが村の入り口となっている

 

f:id:leica830:20160728234217j:plain

 

城門で遊ぶ子どもたち

何故だか絵になる。。。

 

f:id:leica830:20160728234808j:plain

 

アスクレピオス神域

芝生の中心に基壇部だけ見えるのがアスクレピオス神殿

それを列柱の回廊が囲む様に建てられていた

 

f:id:leica830:20160728234929j:plain

 

これがその復元模型

2000以上も前にこんな建築が建っていたのかと感動し

鳥肌が立ったのを覚えている

 

f:id:leica830:20160728235352j:plain

f:id:leica830:20160728235410j:plain

 

神域の横に隣接している音楽堂 

 

 

f:id:leica830:20160728235522j:plain

 

遺跡の建物を構成していた部材

中でもアーキトレーブ(梁)には動物や植物などを模した彫刻が施されていることが多い

 

f:id:leica830:20160728235741j:plain

 

次にスタジアムの入り口の門

 

f:id:leica830:20160728235757j:plain

 

でこれが、スタジアム

当時は、徒競走はトラックを回るのではなくここを直線に走っていたそうだ

 

f:id:leica830:20160729000022j:plain

 

横を見るとこんな感じ

ここにも列柱がまわっている

 

f:id:leica830:20160729000138j:plain

 

最後にこれが調査対象のローマ式劇場

調査当時は荒れ果てて劇場の面影もあまりなかったが

現在は修復されて↓↓こんな感じになっているらしい

 

f:id:leica830:20160729000221j:plain

 

自分達がやったことが少しは役に立っているようで良かった

 

f:id:leica830:20160729000813j:plain

 

その劇場の中でも今回の調査の対象は

スカエナエフロンスと呼ばれる舞台背景の部分

全くどんなものがあったのか想像がつかないと思うが、、、

 

 

f:id:leica830:20160729000819j:plain

 

現存する劇場で一番残りがいいのはこんな感じ

 

あの荒れ果てた舞台の上にこんなものがあったのではないかと想像しながら

ひとつひとつの石の部材を計測し、復元案を作っていく

 

とまあ、聞けばロマンがあるような話だが、

ひとつひとつの石の計測は猛暑のなか地味でかなりつらいのだが

それは、また次回