読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2008 Summer Greece vol.3 アテネ→メッセネ

f:id:leica830:20160726072514j:plain

 

今回の渡航の目的は、古代遺跡の調査をすること

(調査メンバーの一員として参加)

というわけで、アテネを早々に後にし、ペロポネソス半島の南西に位置する

メッセネへ移動

 

f:id:leica830:20160726072531j:plain

 

ホテルで朝食をすませ、いざ出発

あまりの朝食のおいしさに後ろ髪を引かれる@エスペリアパレスホテル

 

f:id:leica830:20160726072524j:plain

 

メッセネへは車で約4時間程

アテネ市内を抜けると一気に田舎になりこんな景色が延々続く

 

140km/h程度で走るが周りの車の中ではかなり遅い方

ギリシアではスピード違反は滅多に取り締まっていないらしいが、

捕まると20〜30万程度高額な罰金となる

 

f:id:leica830:20160726072541j:plain

 

山にはオリーブの木が生えているが、背が低いため地面が見え一見ハゲ山

日本では見られない景色に感動しつつも

この光景が何時間も続く、、、、

 

f:id:leica830:20160726072511j:plain

 

途中道ばたにあったレストランで昼食

肉料理はより必要以上に肉肉しくおいしい

サラダは、トマトとオニオンとパプリカとオリーブとフェタ(山羊のチーズ)

にオリーブおいるをかけて食べる

ギリシアではどこにいっても全く同じサラダが出てくる(おそらく)

 

f:id:leica830:20160726075629j:plain

f:id:leica830:20160726075542j:plain

約4時間のドライブを終えようやく調査する遺跡がある村へと到着

150世帯くらいの村で全員が顔見知りというような小さなところ

日本からは毎年調査に行っていたので

日本人が来ても特に驚かれることもなく、むしろ歓迎ムード

 

f:id:leica830:20160726080619j:plain

約2ヶ月間滞在するホテル?ペンション?

ベッドとシャワー・トイレだけがあり食事は村の別の食堂でとる

 

余談だが、ギリシア語で食堂の事をタベルナという

食べる場所なのにタベルナ

しょうもないだじゃれに聞こえるが

日本人がギリシアに行ったときには鉄板ギャグになるらしい!?

 

 

f:id:leica830:20160726081226j:plain

 

室内はこんな感じ

漆喰の壁に木のサッシ、壁と天井の境にはモールディング

その場所にあるもので作っており、作為的なものは感じられないが心地よくかわいい

西洋人が自然にもっているセンス

 

f:id:leica830:20160726080711j:plain

 

ベランダからの眺めは、村と遺跡が一望できとても気持ちいい

さらに星も見えるという最高のロケーション

 

2008 Summer Greece vol.2 アテネ後編

前回に引き続きアテネについて

 

パルテノン神殿以外は何を見ていいかわからなかったので

何となく街を散策することに

f:id:leica830:20160724004209j:plain

 

アクロポリスの丘から見えるアテネ市内

 

f:id:leica830:20160724003845j:plain

 

想像よりは新しい建物があったものの旧市街は古い建物が並ぶ

 

 

f:id:leica830:20160721234234j:plain

 

ファサードは基本ヨーロッパ中世の建物の様な縦窓+モールディングで装飾

という様式が多いが、色使いがさすが地中海の都市といった感じで鮮やかなものが多い

 

f:id:leica830:20160721234241j:plain

道ばたにはごく自然に葡萄があり

f:id:leica830:20160721234240j:plain

道ばたにはごく自然に美人がいる

f:id:leica830:20160724003711j:plain

f:id:leica830:20160724004212j:plain

 

また観光地だけあって馬車や流しのアコーディオン弾きなど街中に

娯楽要素も多い

レストランで食事をしているとギターの流しが入って来て急に演奏を始める

なんてこともよくある

聞き入るとお金を要求されるので注意が必要

 

f:id:leica830:20160721234238j:plain

市内には至るところに遺跡が残っており、予期せず突如現れたりする

 

ちなみにこの遺跡はゼウス神殿

基壇部に人影(同研究室メンバーによるスケールバー)が見えるが

かなりスケールアウトしていることがわかる

元々神殿は人間の為ではなく神の為につくられているので

人間のスケール感とはかけ離れている

 

この神の為という部分が結構大事で

現代ではあり得ないクオリティ・規模・労力を可能にしている

またこの技術の為に数学や物理など学問が発展して来た背景がある

 

 

f:id:leica830:20160721234233j:plain

アテネを訪れたのは8月の上旬、気温は40度近く、湿度はほとんどないため

汗を全くかかないというよりはかいた瞬間に蒸発するので気づかない

その為、意識的に水分をとらないと気づかないうちに脱水症状になってしまう

 

写真の飲み物はフラッペというカフェオレを気持ち悪いくらい甘くしたようなもの

ギリシア人は好んで飲んでおりどこのカフェでも出しているが

あまりに甘すぎてこれが最初で最後となった

 

f:id:leica830:20160721234237j:plain

これはギロピタという日本ではトルコのケバブとしてなじみがあるもの

ギリシアとトルコは隣どうしなので文化も似た部分がある

このギロピタとコーラという組み合わせは安くて美味しいのでことある毎に食べていた

※乾燥気候なのでコーラが異常に美味しく感じる

 

f:id:leica830:20160722072848j:plain

f:id:leica830:20160724003828j:plain

夜になると店から道にテーブル・椅子が出され

街全体がレストランでありお祭り会場のような雰囲気になる

この道の使い方の多様性がヨーロッパの魅力のひとつであることは確かだ

 

f:id:leica830:20160721234239j:plain

夕食は研究室のメンバーと先生も揃い全員でレストランへ

料理は肉料理が多く日本人の味に合うものが多い

 

こんな感じでアテネの一日は終了

2008 Summer Greece vol.1 アテネ前編

2008年8月から9月までギリシアのメッセネという古代遺跡の調査に参加した

期間が2ヶ月あったということと、初めてのヨーロッパで興奮していた為か

写真がかなり多い

f:id:leica830:20160722073709j:plain

 

朝熊本を出発して、福岡空港からタイ経由でギリシアのアテネ

飛行機は、その年サービスが世界一に選ばれたタイ航空

機内では、フリーで飲めるアルコールと自席での映画&ゲームに興奮しあまり寝ずに

アテネに到着

 

f:id:leica830:20160721234144j:plain

アテネ国際空港からアテネ市内までは離れているので、電車で移動

車窓さえもかっこ良く見えた

 

アテネ市内に到着し

まずはホテルにチェックイン

 

エスペリアパレスホテルという四つ星ホテル、

学生では到底泊まることができないようなホテルだったが

調査なので科研費で泊まることができた

 

チェックイン後まず最初に向かったのが、

 

パルテノン神殿

f:id:leica830:20160722080558j:plain

これは建築に関係ない人でもかなり知名度が高い

ギリシア神話の神を崇める神殿でアスクレピオスという丘の上に位置しており

アテネ市内ではいたるところから見ることができる

 

f:id:leica830:20160722073710j:plain

坂を登ること約30分程度だっただろうか

ようやく神域の入り口に到着

さすがのパルテノン神殿 観光客でごった返しており長蛇の列

 

やっとの思いで門をくぐり

そこでいきなりパルテノン神殿と対面

f:id:leica830:20160722073711j:plain

 

圧巻の美しさ

 

古代ギリシア人もパルテノンを綺麗に見せることにこだわっており

一番見せたい角度からアプローチしていくような動線となっている

 

また土台部分は若干むくらせており

人の目の錯覚を利用してより水平に見えるように設計されている

f:id:leica830:20160722080527j:plain

 

古代は神殿として使われていたパルテノン神殿

中世は弾薬庫として使われており

その時に砲弾を受けて大部分が破損

なので現在でも常に復元作業が行われている

 

全部綺麗に復元されてしまうとそれはそれで魅力が失われてしまう気もするが

 

f:id:leica830:20160721234242j:plain

f:id:leica830:20160721234236j:plain

 

神域の中にはオデイオンと呼ばれる音楽堂や劇場も

当時から市民は音楽や劇を楽しんでおり文化もかなり進んでいたことがわかる

 

 

アテネについて一回で書ききろうと思ったが長くなってきたので

とりあえずここまで

 

西洋との出会い

f:id:leica830:20160721234235j:plain

 

学生時代初めて訪れたヨーロッパ、それがギリシアだった

 

漠然とヨーロッパに行ってみたいという気持ちだけはずっとあったが、

特別ギリシアに行きたいというわけではなかった

研究室で調査に行けるということで、当時はヨーロッパであればどこでもいい

そんな気持ちだった気がする

 

それでもはじめて触れる西洋は

街並、気候、食べ物、言葉、文化

どれもが今までと違い、体験したことないものばかりで

自分がいかに狭い世界のなかで生きてきたかということに気づかされた

 

そんな価値観を変えてくれたヨーロッパをそれ以来好きになり、

チャンスがある度に訪れてきた

 

ここでは、その旅の記録を中心に自分が今まで出会ってきたことを

綴っていこうと思う